フランス語圏の国々

 

フランス語圏

Map-Francophone_World↑ フランス語の広がり: (藍) 母語,(青) 公用語,(水色) 第2言語,(緑) 少数言語  (Wikipediaより)

 Map-Francophonie_organisation_2012-fr

↑「国際フランコフォニー機構」への加盟国(2012年): (青・藍) 加盟国・地域,(青緑) 準加盟国,(水色) オブザーバー,(紫) 資格停止中  (Wikipedia より)
同機構のHPにある詳しい加盟国地図はこちら(国名が地図上で確認できます)

フランス語圏(Wikipedia)--それぞれの国についての解説にリンクしており、そこからさらに関連情報をたどることができます(以下の Wikipedia の項目も同様です)。

フランス語を公用語とする国々 (Wikipedia)

Organisation Internationale de la Francophonie (OIF, 国際フランコフォニー機構〔在日フランス大使館のHPにおける日本語名〕)。この組織についての日本語による解説は次のページで読むことができます:フランコフォニー国際機関 (OIF) (Wikipedia)。


フランス語圏各国の在日公館等

在日フランス大使館
フランスの社会や文化、日仏関係などについての情報が豊富です。フランス語は2億2,000万人の共通語」という基本的な記事を読むこともできます。

ケベック州政府(カナダ)在日事務所

この他の国々の大使館等については、上の「フランス語圏」、「フランス語を公用語とする国々」の記事の中にリンクがありますので、そちらをご利用ください。

公益財団法人 日仏会館(東京) さまざまな文化事業を行っています。


日本語で読めるフランス語圏情報
ル・モンド・ディプロマティーク 日本語版
1954年創刊のフランス発の月刊国際評論紙。世界各地の問題を幅広く取り上げ、高い評価を得る。商業広告を排した独立メディア。現在、32の国際版を持つ。インターネット版としての日本語版は、日本社会にとって特に意義のある記事を選び抜き翻訳している。(2018年1月26日

Ovni  日本語で読めるパリ情報(辞書を使って ovni の意味を調べてみよう)

ベル通 ベルギー通によるベルギー通信、ベルギーお役立ち情報

ニューカレドニアの日本語情報誌PICNIC(オンライン版)
フランスの海外領土であるニューカレドニアに住んで35年になるフランス人、ジル・デルリュ Gilles Delrieu さんが発行する、日本人旅行者向けの無料観光情報誌。(2018年1月23日

NPO法人IFE ホームページ
IFE(イフェ)とはベナンの言葉で「愛・分かち合い」の意味。日本のNPO法人IFEとベナンのIFE財団が協同して、日本と、ベナンをはじめとするアフリカ・アジア諸国との間の協力提携、相互理解の推進を目的として活動している。日本でタレントとして活躍した ZOMAHOUN(ゾマホン、現駐日ベナン大使)が創始者。


フランス語圏の情報サイト(フランス語のサイト)
・(フランス) Le Monde 〔新聞社〕

・(カナダ) La Presse 〔新聞社〕

・(ベルギー) Le Soir 〔新聞社〕

・(スイス)Tribune de Genève 〔新聞社〕

Présence Africaine 〔1947年から現在まで続く黒人文化総合雑誌のサイト。同誌を刊行する出版社のサイトのメインページはこちら。〕(2018年1月26日

・(コート・ディヴォワール)Abidjan.net 〔フランス語圏アフリカの代表的サイト〕

・(セネガル) Seneweb.com 〔セネガルの大型サイト〕

・(モロッコ) Maroc Info 〔モロッコのニュースサイト〕
このほか世界各地のフランス語のニュースサイトを探してみて下さい。


フランス語圏に関係する日本の学会等

日本ケベック学会

ベルギー研究会

アジア・アフリカ言語文化研究所(AA研)
東京外国語大学に附置された共同利用・共同研究拠点。(2018年1月26日

2015年3月29日、2018年1月26日更新

 

本サイト内のフランス語圏関係の固定ページへのリンクはこちらです。
「お知らせ・随想」中のフランス語圏関係記事へは右欄最上部のリンクから移れます。
(2018年12月)

よく知られた海外旅行ガイド『地球の歩き方』のホームページの一部に、世界各地の在住者が日本語で現地情報を伝える「特派員ブログ」というコーナーがあり、そのフランス語圏関係のページを紹介します。

フランス以外のフランス語圏は現在のところ次のようです。ただし情報の更新がとどこおっています。
ブリュッセル Bruxelles
モントリオール(モンレアル) Montreal/Montréal

アフリカ等、上記以外のフランス語圏には現在のところ特派員(協力者)はいないようです。今後に期待しましょう。

一方、フランス国内は比較的充実しています。まずはフランスの中心パリの特派員のページです。
フランス/パリ特派員ブログ  (この方はツイッターでの発信もしています。そのリンクはこちらです。)
このブログのページの右欄の下方にフランス各地の特派員のブログへのリンクがあります。新しい(2018年の)情報をアップしている特派員がいる地域は現在のところ次のようです。
コートダジュール Côte d’Azur / ストラスブール Strasbourg / トゥルコワン Tourcoing (リール近隣のベルギーとの国境に接する町)/ トゥールーズ Toulouse / パリ Paris / パリ2 Paris2 / ボルドー Bordeaux / リヨン Lyon / リヨン2 Lyon2

(2018年11月30日)

 

Quebec001 (1024x705)カナダ・ケベック州の州都ケベック・シティ (Ville de Québec, 2001年撮影)