補足: Windows 7, Windows 8.1 での準備

 

1. フランス語入力
1-1. 準備
Windows 7, Windows 8.1 の場合は以下にように進めます。

Windows 7 の場合
スタート->コントロールパネル->->地域と言語->キーボードと言語->キーボードの変更->「テキストサービスと入力言語」の「全般」タブの画面で「(入力言語サービスの)追加」をクリック->「フランス語(カナダ)」の下位の「カナダ マルチリンガル標準」のキーボードを選択
(他のフランス語キーボードは、日本語キーボードでのアルファベットのキー配列と違う部分があるために入力ミスが起こりがちです。そうした問題のない「カナダマルチリンガル標準」がお勧めです。)

Windows 8.1 の場合
設定->PC設定の変更->時刻と言語->地域と言語->「言語」の項で「言語を追加する」をクリック->「フランス語」をクリック->「フランス語(カナダ)」をクリック
〔あるいは、コントロールパネル->->言語->「言語の設定の変更」の画面で「言語の追加」をクリック->「フランス語」を選択し、「開く」をクリック->「フランス語(カナダ)」を選択し「追加」をクリック〕
なお「フランス語(カナダ)」では、日本語キーボードでのアルファベットのキー配列と共通性が高い「カナダマルチリンガル標準」というキー配列になります。

以上のように進めると、パソコン画面下のタスクバーの右の方で、Windows 7 の場合は 「JP(日本語)」と「FR(フランス語カナダ)」から、Windows 8.1 では「日本語」と「フランス語(カナダ)」から入力方法を選択できるようになります。