『これはあなたのもの』(作: R.ホフマン、翻訳: 川島慶子名工大教授) テレビ放映 8月6日(14:30 – )

 

地人会新社のフェイスブックのページの7月27日付けの投稿で、地人会新社による『これはあなたのもの 1943-ウクライナ』の公演がNHKのEテレシアターで放送される旨告知されています。放送のある程度詳しい内容も読むことができます。放送日時は8月6日 (日) 14:30~16:42 で変わりありません。(7月27日追記)

 

『これはあなたのもの』は、1981年度のノーベル化学賞受賞者であるロアルド・ホフマン氏が書いた自伝的フィクションである戯曲です。このサイトでも案内をしましたが、昨秋には、名古屋工業大学におけるホフマン氏招聘連続企画(11月2, 3, 5, 6日)の一環として、川島慶子名工大教授の翻訳に基づき、名工大関係者によって上演されました。

『これはあなたのもの』はその後、同じ川島慶子先生の翻訳に基づき、地人会新社によって日本各地で上演されました(演出: 鵜山仁、出演: 八千草薫、吉田栄作ほか)。名古屋の近くでは、岐阜県多治見市と愛知県知立市で上演されました。
この演劇は、ユダヤ系のホフマン氏一家が第二次世界大戦期にナチスから受けた迫害にかかわるものですが、内容についてはここでは書ききれません。地人会新社のフェイスブックのページには新聞評などへのリンクもありますのでそちらをご覧下さい。

この地人会新社による公演がこのほどNHK・Eテレでテレビ放映されることになりました。ホフマン氏のインタビューもあるとのことです。
Eテレシアター「これはあなたのもの 1943--ウクライナ」
8月6日(日)午後 2:30 ~ 4:45  Eテレhttp://www.nhk.or.jp/pr/keiei/shiryou/soukyoku/2017/06/002_02.pdf

川島慶子先生は科学史研究者ですが、ホフマン氏が科学史にも興味をお持ちである関係で氏と知り合われ、その延長上にこの上演が実現したものです。
ぜひご覧下さい。

 

 

 

カテゴリー: お知らせ パーマリンク