‘19.2: 多民族のパリ

 

2月はこのサイトの固定ページには特に変化はありません。

*          *          *

2月17日から3月初めにかけてフランスを訪れ、パリに都合7泊しました。パリにこれだけ滞在したのは6年ぶりです。しかも今回は、これまであまり宿をとらなかったセーヌ川の北側(右岸)の、北駅 Gare du Nord のそばに主に宿泊しました。これまでは早めの予約ができず、パリでは思うように宿を取れませんでした。今回は、シャルル・ドゥ・ゴール空港への帰路も含めた交通の利便性を考え、この地区をねらって早めに予約をしました。

実は、この北駅と南東方向に 300~400m 行ったところにある東駅 Gare de l’Est (どちらも10区)の一帯から、北駅の北側の18区に入ったあたりは、パリの中でも移民系の人たちが多く住んでいる地域です。(また、今回は訪れませんでしたが、東駅のあたりからさらに東方に 1 km ほどのところにあるベルヴィル Belleville の一帯(おもに20区の北側と19区の南端)にはアジア系の移民系の人たちが多く暮らしています。ベルヴィルについては、この記事の末尾で言及します。)

今回、フランス人の知人の案内もあり、この北駅・東駅の付近と北駅の北側の地域を散策しました。写真で紹介します。

パリ10区の東駅、北駅、10区と18区の境界にあるメトロのバルベス Barbès 駅、18区のメトロのシャトー・ルージュ Château Rouge 駅の一帯のGoogle Map の地図はこちら

パリの行政区画としてのベルヴィル地区のGoogle Map の地図はこちら。一般にベルヴィルという場合、より広いパリ10区、11区、19区、20区にまたがる地区を指す。

 

まずは北駅の東側付近から。写真はインド系の店。

北駅から南東方向に東駅の付近に進んだところにはエスニック系の料理店がいろいろあるが、そのうちの一つのアフリカ料理の店。

こちらは、北駅から北西方向に 300~400m 行ったところにあるメトロ 2号線の高架部分。写真の右側がバルベスの駅になる。バルベスは、パリを南北に走るメトロ 4号線との乗り換え駅でもある。高架橋の向こう側には移民系の人たちがよく利用するタチ Tati という百貨店が見える。

パリを南北に走るメトロ 4号線のバルベス駅とその北のシャトー・ルージュ Château Rouge 駅の間の、東側の一帯にはエスニック系の店がたくさん見られる。

エスニック系の肉屋。手前の陳列台の上をよく見ると、牛の頭部が商品として並べられているのがわかる。

メトロのシャトー・ルージュ駅

アフリカ系の衣料店。

アフリカ系の食品店の内部。

アラビア系の食品店。

看板に “À vapeur Homme” とある。蒸し風呂 bain de vapeur の男性  homme 用ということのようだ。私は未体験。高架は上でも見たバルベス駅付近のメトロ 2号線。

バルベス駅~シャトー・ルージュ駅の一帯からは、実はサクレ・クール・バジリカ聖堂 Basilique du Sacré-Cœur (いわゆるサクレ・クール寺院)も近い(西方に500mほど)。写真の細い道の奥に丘の上の寺院が見える。手前左はイスラム系の肉屋。

私と知人はこの日、美味なアフリカ料理に舌鼓を打ちました。なお、事はフランスの社会の問題にからんでくるわけですが、移民系の人々はフランス社会の中で、相対的に失業率が高かったり、平均所得が低かったりする事実があります。そうした状況の中でも、彼らは誠実に、明るく生活しているわけですが、フランス社会をよく理解していない観光客などは、ごく一部の人たちの不法行為の標的にされるかもしれません。自分がフランス社会をどれほど理解しているかに応じて、行動範囲、行動時間、行動形態を決めることが望まれます。たとえば、私は、ここで紹介するような写真をある程度撮ったわけですが、人がたむろして混み合っているところを抜けるときは、カメラなどはポケットの中などにしまうのがいいようです(私は実際、エスニック系のお店の店主らしい親切な女性からそのように助言され、そうしました)。旅行で訪れる方は、パリ、そしてフランスでは、慎重に、場合によってはフランス社会に通じた人と一緒に行動することをお勧めします。

この記事の冒頭でふれた、アジア系の移民系の人たちが多く暮らしているベルヴィル Belleville の一帯も、筆者はかつて訪れたことがあります。最後にこの地域も見ておきましょう。

ベルヴィル通り Rue de Belleville 。中国系を中心とするアジア系の飲食店などが多く並んでいる。(Wikimedia より)

ベルヴィルはそのストリートアートでも有名なようだ。(2013年3月筆者撮影)

2019年2月28日
(2020年2月8日加筆)

 

 

カテゴリー: お知らせ(サイト関係), フランス・フランス語圏 パーマリンク