ナント Nantes

 

2016年9月に調査旅行の一環として、フランス大西洋岸でボルドーと並ぶ代表的都市であるナントを訪れた。ナント市は、市としての人口は28万人ほど、周辺を含めた都市圏人口は86万人ほど (2009年) で、フランスで8番目の都市圏を形成している。

ナントは、近隣のレンヌの町とともに、かつてブルターニュ公国の主要都市であった。先にレンヌが公国の首都であり、その後、10世紀末からフランスがカペー朝となった時代、つまり盛期中世には、ナントに首都が移ったようだ。この公国があった土地、つまりブルターニュ地方は、現在に至るまでケルト系の文化を保ってきており、独自の言語であるブレイス語 (ブルトン語) も残している。ところで、1956年にフランスが地域圏に編成された時、ブルターニュ地域圏が発足した。この際、かつてブルターニュの一部であった、ナントを中心都市とするロワール=アトランティック県は、南東側に隣接するペイ・ド・ラ・ロワール地域圏に含まれることになった。こうした事情で、現在のナントにおいてはブルターニュ色を感じることは少ない。ただし、下に写真で見るように、ナントにブルターニュ公城 Château des Ducs de Bretagne が残り、超高層ビルであるトゥール・ブルターニュ Tour Bretagne がそびえるのは、この町がかつてブルターニュ地方の中心都市でをあったことに関係している。

現在、文章の作成にこれ以上の時間を取れないので、まずは今回撮影した写真を中心にアップし、文章は暇を見て補足していこうと思う。写真説明等にはWikipedia を参考にしている。なお、ナント美術館は、残念ながら、改装のため長期閉館中だった。

Google Map 日本語版のナントの地図はこちら
Wikipedia 日本語版のナントの項はこちら

このページ上部の写真:現在のナントの町。
市中心部からトラムで2駅ほど西の一帯。 アンヌ・ド・ブルターニュ橋
Pont Anne de Bretagne の上から 北方向にロワール川右岸を望む。
建物が傾いて見える部分があるのは恐らく地盤沈下のせい。 (2016年9月撮影)

*          *          *

付記: ナント市の中心部から比較的近いミゼリコルド [慈悲] 墓地 Cimetière
Miséricorde では、本ホームページの記事「ペール・ラシェーズ墓地等写真探訪」で
紹介したような 家型の墓が、中央通路の両側に連なっているのを見つけた。別記事
続 ペール・ラシェーズ墓地等写真探訪」で紹介しているのでご覧いただきたい。

*          *          *

cimg1982-800x600ブルターニュ公城 Château des Ducs de Bretagne.
この写真では分かりにくいが城の回りには堀が巡らされている。

cimg1987-800x600城の回りに巡らされた堀

cimg1993-800x600城の内部の城館

cimg1722-585x800サン・ピエール・エ・サン・ポール大聖堂 Cathédrale Saint-Pierre-et-Saint-Paul de Nantes.  1434年に建造が開始されたが、完成は457年後の1891年とのこと。
(*) さらに、1972年には火災が起き、屋根の木造部分が焼失したとのこと。再建の際、外観は忠実に再現されたが、内部には鉄骨などの素材が使われたという (**)。

cimg1974-600x800サント・クロワ [聖なる十字架] 教会 Église Sainte-Croix.
1685年の建造。この教会の塔の最上部は遠方からも際立つ。その拡大写真はこちら

cimg1973-600x800旧市街

cimg1961-800x600町の中心部にあるフェドー島 Île Feydeau.
かつてロワール川の中州の小さな島だったが、周囲の水路は埋め立てられた。地盤沈下のため建物がゆがんでいる。

cimg1980-800x600緑の多いナント市内。左側が旧市街。
写真中央にはブルターニュ公城の一部が見える。写真の右方向がロワール川になる。

cimg1966-800x600奥に見えるのは市内でただ一つの超高層ビル、トゥール・ブルターニュ Tour Bretagne.

cimg1955-800x600アンヌ・ド・ブルターニュ橋 Pont Anne de Bretagne の上からロワール川の下流方向を望む。写真の左端に少し写っているのは、川の対岸ではなく、大きな中州であるナント島 Île de Nantes の一部。

cimg1929-1024x768ミゼリコルド〔慈悲〕墓地 Cimetière Miséricorde.
入り口からまっすぐ伸びる中央の通路の両側に家型の墓が並ぶ。この墓地は市の中心部から比較的近くにある。
家型の墓については別稿「ペール・ラシェーズ墓地等写真探訪」() を参照。

cimg1952-800x600ロワール川の大きな中州であるナント島 Île de Nantes には小規模な娯楽施設がある。そこの名物の機械仕掛けの巨大な象。 タイヤ式の車輪で重さを支える大きな自走車両。象の足は重さを支えていない。鼻は自由に動き、よく見ると水を噴射している。

cimg1913-800x600ナント大学の文系のテルトル・キャンパス Campus Tertre の最寄りのトラムの駅

cimg1920-800x600ナント大学テルトル・キャンパスのお昼休み。軽食の売店に行列ができた。

(2017年3月公開)

(**) 2019年4月18日、日本経済新聞(電子版)の同日付の記事 「ノートルダム寺院、再建の道筋は」に基づき追加。